KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

「こんな時計があったのか!シリーズ」Vol.④~最終章~

 

今も印象に残る時計たちとの一期一会。
トゥールビヨンやクロノグラフを内蔵する驚愕の超絶機構。時を知らせる心地よい音色のミニットリピーター・・・。
人の英知を結集して生まれた時計達はいつの日も五感を揺さぶる!
30年に亘り 百花繚乱の如く私の手元を通り過ぎた芸術品のような時計の数々。
本日は最終回、 Vol.④をご紹介いたします。

カルティエ
ロトンド ミステリアスアワーウォッチ
K18WG 手巻き

古くは王侯貴族などの応接間などに飾られていたミステリークロックが起源。

その機構が、驚くなかれ腕時計に納められています。
クリスタルのディスクが2枚、外周に仕込まれた歯車の輪列によって作動し、時を刻みます。
文字盤以外もスケルトンになっていて、どこに歯車があるのかより一層ミステリアスに…。

 

ブルガリ

セルペンティコレクションから、腕に巻きつくスネークウォッチ

何とも妖艶なムードが漂うゴージャスなアイテム。
貴石を使わずとも造形美による存在感はカクテルウォッチとしてパーティシーンでも異彩を放ちます。
エモーショナルなパーティが、ああ懐かしい…。

 

ウブロ ビッグバン
MP-11 パワーリザーブ14Day’sサファイア
ケース径:45㎜、サファイアケース、手巻き、世界限定:200本

ウブロ社の複雑時計製造部門(BNB)の開発による画期的な構造は見た目だけではない安定した性能(ロングパワーリザーブ)などを生み出します。
水平方向に7個連結した香箱からのエネルギーを時分表示の垂直方向に90°転換し伝達するウォームギアを採用したモデル。パワーリザーブ 14日間

 

 

グルーベル フォルセイ

GMTアースリミテッド
ケース径:45.5㎜、WG、手巻き トゥールビヨン GMT

24時間で一周するチタン製の立体地球儀によるGMT機能と、24秒で一周する高速トゥールビヨンを併せ持つ。
サイケデリックな印象のフォルムの中には小宇宙が広がります。

 

ベル&ロス

不気味な薄笑いを浮かべるスカル
オートマタムーブメントを搭載した新しいSkullウォッチ。

この時計、脳の部分にテン輪が動き、骸骨の顎がなんと薄笑いを浮かべるかのように動くのです。

 

人気上昇中のベル&ロス製品はカミネ・クロノメトリー店にコーナーがありますよ。
スカルモチーフは何世紀も前から勇気を与える象徴として海賊や軍人などにお守りのモチーフに使われてきました。

下の写真はゴシックスタイルのストロームウォッチ

 

こちらも是非 ご覧下さい»»» STROM 

 

ブルガリ 
オクト フィニッシモ トリロジー 限定1set (3本)
オクトフィニッシモ ミニッツリピーター オートマティック
スケルトン トゥールビヨンの3本set

それぞれをカミネとブルガリ本社で共同制作
最薄のワールドレコードモデル。
ミネ創業111周年記念モデルになぞらえた、One One Oneの刻印。

このタイムピースの為に坂本龍一氏「TIME」という楽曲を書き下ろして頂きました。
ピアノの形をした特製のケースに3つのタイムピースとその楽曲入りCDが収められました。

この限定セットの発表を記念して、東京のブルガリタワーで坂本龍一さんの楽曲 「TIME」 を披露するコンサートも開催されました。

こちらのblogも是非 ご覧下さい»»» https://www.kamine.co.jp/blog/kamine-ceo/2017/09/

 

 

パテック フィリップ

まさに、芸術の領域!こんなに複雑な時計が存在するのです。
パテック フィリップ Ref.6300。

裏面はダイヤル一杯にレイアウトされた永久カレンダー

センターはディスクで年号を表示。
大変複雑な機構は回転した表のダイヤル表現
ミニッツリピーター グランソネリ プチソヌリ デイソネリなど様々な音を奏でる最も難しい機能を満載したパテック フィリップの最上級機種。

 

 

ブルガリ
オクト トゥールビヨン サファイヤ
ケース径:44㎜、ミドルケースサファイアクリスタル、手巻き

放射状に配置される発光するピラーでムーブメントを支えるスケルトン トゥールビヨン
ヴァレ・ド・ジュウのブルガリファクトリー(旧ダニエルロート・ジェラルドジェンタ)から生まれる数々のブルガリのハイエンドメカウォッチは伝統的な製造技術がふんだんに盛り込まれています。

 

 

フィリップ デュフォー
シンプリシティ カミネ100周年モデル
Ptケース、ピースユニーク、非売品

スイスで最も尊敬を受ける時計師、フィリップ・デュフォー氏
カミネ100周年のオマージュとして特別に製作いただいたシンプリシティ。
シンプリシティは発表20周年を迎えます。

 

パテック フィリップ 
5116R-001

かつてのパテック フィリップのアイコニカルなシリーズのひとつ。
これは番外。個人的に父から譲り受けた形見。
視認性に優れて、これをはめると背筋が伸びる気がします。
ここぞというシーンに大切な一本として着用します。
ケース径:36㎜、RG
ダイヤル:ホワイトエナメル、本白七宝文字盤
ベゼルは手彫りのクルドパリ
先年 惜しまれつつ生産終了

 

「こんな時計があったのか!」シリーズはこれまで4回に分けて連載しました。
ご紹介したいモデルはまだまだ沢山あるのですが、キリがないのでとりあえず今回を最終章とさせていただきます。
また珍しいもの、凄い時計を思い出したり巡り会いましたらその都度、ご紹介して参ります。

ご閲覧頂きました皆様、ありがとうございました。

https://www.kamine.co.jp/

< 前の記事へ

次の記事へ >