KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

「クラッシュ」という名の時計。

1967年に生まれたカルティエ 「クラッシュ ウォッチ」
歴史に名を刻むその名作は、あるアクシデントによって思いがけなく生じた芸術的でユーモアあふれる時計です。

 
 
 
 
 
まずはそのデザインの起点となったアクシデントとは、“スウィンギング ロンドン”真っ盛りのロンドン、1967年に遡ります。

 
 
 
 
 
 
画像引用:FONDATION DE LA HAUTE HORLOGERIE (高級時計財団)
当時カルティエに ある顧客が、事故で変形したカルティエウォッチの修理を持ち込みました。
その歪んだ時計のフォルムに魅了されたカルティエロンドンの店主が、デザイン表現にその姿を取り入れることをカルティエ本社に打診しました。それがクラッシュウォッチが生まれるきっかけとなったのです。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
その後、当時のカルティエの制作現場でクラッシュの制作は大変困難を極めました。
何故なら、ムーブメントケースを同じ形にする必要があったからです。
つまり、ケースの湾曲したフォルムに合わせてムーブメント全体の輪列を組んでいく必要があったのです。

 
 
 
 
 
 
これは2015年に発表された世界限定モデル。限定数67本(完売)
クラッシュ スケルトン プラチナ950製ケース


 
 
 
 
 
 
 
 
ケース全体にダイヤモンドがパヴェ(フランス語で石畳)セッティングされた上、ムーブメントを支えるダイヤルの上の大きなローマ数字にもダイヤモンドが優美に敷きつめられています。

 
 
 
 
 
 
 
 
芸術的なダイヤモンドセッティング細工とムーブメントの開発力、カルティエのウォッチメイキングの素晴らしさを感じさせる逸品。
そのひとつがこの「クラッシュウォッチ」シリーズです。
商品についてのお問合せは、⇒⇒⇒こちらをClick!  トアロード店