KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

ブルガリ オクト フィニッシモ トリロジー

8月24日(木) 東京 銀座 ブルガリタワー
カミネがブルガリとともに発表した、世界でたった一つの限定品
その名は、「ブルガリ オクト フィニッシモ トリロジー」

 
 
 
 
 
「ブルガリ オクト フィニッシモ トリロジー」は、 それぞれ複雑なファンクションをもつ3本の時計 「OCTO(オクト)」トゥールビヨン、ミニッツリピーター、オートマティック3本セットで構成されています。
付属するピアノ型BOXの裏蓋のプレートには、「One One One」と刻印され、3部作がそれぞれ世界最薄というワールドレコート「1」を表し、そしてもうひとつの理由は、今年でカミネが創業「111」周年を迎える記念という意味を持ちます。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
ブルガリマニュファクチュールから生まれたこの特別な3本のシースルーバックには「one one one」と共に、Ryuichi Sakamoto のサインが入っています。

 
 
 
 
 
 
 
時計の制作にあたって、今年3月のスイス・バーゼルでブルガリの主任デザイナー ファブリッツォと私とで何度もデザインをスケッチング。これはその時の原画です。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
記念として制作する時計なので、デザインやファンクションの特別性だけではなく、なにかメッセージ性が欲しい。
その話の延長で、ブルガリCEO・ウォルター氏と私は昨今の高級時計市場が世界的に愛好家を増やしている中で、この素晴らしい世界を「まだご存知ない方々」にもっと幅広く知ってもらいたいという話題に行き着きました。

 
 
 
 
 
 
広く認知されるには、こんな時計(商品)もあるのか!という事を印象づけたいと考えました。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
PR軸は,スポーティラインならアスリートラグジュアリーならセレブリティ
では 例えばそれがミニッツリピーターという複雑時計なら
相乗するのは芸術的な音楽ではないか?
 
そんなことから、この企画の「冠(かんむり)」に「音楽」と「ミニッツリピーター」という二つの“芸術”を融合させた記念すべき商品と楽曲を創造しようという事になっていったのです。

 
 
 
 
 
 
 
 


偶然にもウォルターCEO世界的音楽家・坂本龍一氏と交流がありました。
それはこの夜の「大人の思いつき」に、幸運な事の運びを与えました。

 
 
 


 
 
ウォルター氏は、スイスにおける時計作りの聖地・ヴァレ ド ジュウで丹精を凝らして手仕上げされる「音で時を知らせる」ミニッツリピーターの芸術性を坂本龍一氏へ伝え共感を得ることとなり、このプロジェクトが実現したのです。
写真はコレクションのアンベール 当日のお披露目の瞬間

 
 
 
 
 


スイスの崇高なる手造りによる時計製造に理解を示し、求めに応えた坂本龍一氏は、ミニッツリピーターが奏でる「音」を旋律に変えて、このタイムピースのためだけの楽曲「TIME」を完成させました。

 
 
 
 
 
楽曲「TIME」は、この為に製作された美しいピアノ型のケースに収められるタイムピースとともにCDもオーナーの為、贈り届けられることに。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
ブルーライトの中に浮かび上がるピアノ、そして坂本龍一氏の周囲は壁も何もありません。

 
 
 
 
 
 
当日は、銀座ブルガリタワーのなんと9Fから10Fという高さにステージが組み上げられたのです。
坂本氏はさながら宙に浮いた空間でピアノを演奏しているようでした。
 

 
 
 
 
 
 
大勢でにぎわう10Fのホールが静寂に包まれ、坂本龍一氏のソロ演奏が始まります。
披露された1曲目は、私の大好きな映画「バベル」の印象深いエンディングを飾る名曲が演奏されました。
そして、2曲目にこの度の書き下ろし「TIME」が披露されました。ミニッツリピーターの音色が幻想的なピアノ演奏をより壮麗なイメージにふくらませていきます。
ラストの3曲目は、アカデミー賞受賞曲「戦場のメリークリスマス」。会場全体に沁みわたります。
 
 
演奏後は、盛大なパーティスタート!

 
 
 
 
 
 
ルーフトップでDJがミュージックパフォーマンス。

 
 
 
 
 
 
ハイケースに展示されるブルガリ オクト フェニッシモコレクション

 
 
 
 
 
 
 
 
 
数々の時計誌の編集部やジャーナリストたちからも熱い視線をあびて夜はふけていきました。

 
 
 
 
 
 
カミネ111周年を記念した上、ウォッチメーキングに「アート」「カルチャー」という新たな価値観をもたらすこととなったこのプロジェクト。
イベントの光景を下記よりご覧下さい。
こちらをClick!
 
コレクションの内容はこちらです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




 

京都 祇園の町屋にオープンしたウブロブティック


 
 
 
 
 
 
京都 祇園に「町屋プロジェクト」への出店で、江戸中期から続く京都の町屋が並ぶ、独特の街並みに完全に調和する形で計画の末に完成しました。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
ここは、以前エルメスが期間限定でオープンしていたところです。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
京都の伝統文化を大切にしながら、「アートオブフュージョン」をテーマに生まれたウブロブティック京都。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
世界に様々な話題を振りまくウブロ。
その世界観を一度ご体感ください。

 
 
 
 
 
 
 
 
ウブロのお求めは、カミネ 旧居留地店へ
 
カミネ 旧居留地店
Tel.078-325-0088
Open.10:30~19:30(無休)
 
 
 

フランクミュラー25thアニバーサリーフェア

夏が終わるのは名残惜しいですが
昨日から9月に入り、実りの秋が楽しみですね。

 
 
 
 
 
 
 
 
カミネ元町店のフランク ミュラーコーナーでは
1日よりフェアを開催しています。
ブルーを基調に、フランクミュラーの象徴であるビザン数字を全面にあしらい、
いつもとは違う雰囲気で演出しています。

 
 
 
 
 
 
 
 
店内に広がるフランクミュラーコーナーには、
ある象徴的なマークが。
今回のフランクミュラーフェアのテーマ
25周年アニバーサリーのエンブレムです。

 
 
 
 
 
 
 
 
今年、2017年で創設25周年を迎えるフランクミュラー。
希代の天才時計師 フランクミュラーがスイス時計界に現れ、ブランドを創設して25年。

 
 
 
 
 
 
 
 
カミネ元町店はフランクミュラーを取扱い始めたのは創設すぐ
当時日本でもいち早く導入していました。
まだ、機械式時計ブームの始まる前です。

 
 
 
 
 
 
 
 
フランクミュラーの時計界へのデビューは
今の時計文化の発祥とも言えるものだと思います。

 
 
 
 
 
 
 
 
「時の魔術師」
その言葉どおり、数あるスイス時計ブランドの中でも魅力あふれるフランクミュラー特有の演出は色あざやかで、楽しくなる印象。
ウィンドウは華やかに輝きます。

 
 
 
 
 
 
 
 
この25周年記念に花を添えるのは、限定のアニバーサリーウォッチ
ブランドの原点であり、トノウカーベックスの原点である
「2851」と呼ばれるコレクションです。
当時のこのトノウカーベックスのケースは見た目にはわかりませんが、構造が実に複雑で多くの数を生産するのは不可能でした。

 
 
 
 
 
 
フランクミュラーの代名詞ともなったこのケース形状の誕生は、ある女性の依頼から始まりました。
「ラウンドではなく、独自のデザインを…」

 
 
 
 
 
 
 
 
まるで球体から切り出したような3次元曲線を有するトノウカーベックスは十数種のサイズがあります。
しかし、オリジナルシェイプはわずか2年しか生産されませんでした。

 
 
 
 
 
 
 
 
そして四半世紀経つ今、数量限定で復活。
あっさりしているようで、
なんともいえないぽってりとふくらみのある
味わいある表情。
シンプルな手巻きモデルは、ドレスウォッチとしてカジュアルとして、オールラウンドで活躍するでしょう。
K18WG(手巻き)
日本限定25本 \2,430,000(税込)
25周年記念モデルはこれ以外にも全6型で展開。
フェア期間中はこのすべてが元町店でご覧いただけます。

 
 
 
 
 
 
 
 
今回のフェアは、来店するだけのお楽しみ企画も
ご用意しております。
ラスベガスのカジノからインスピレーションを得た文字盤の「ヴェガス」
この時計の特徴でもある文字盤中央に組み込まれたルーレットを使ってゲームにチャレンジ!

 
 
 
 
 
 
 
フランクミュラー ベガスのリューズ部分のボタンをプッシュ。
ルーレットの数字「2」と「5」と「25」が出たら
素敵なプレゼントが当たります!
プレゼントは2種類。

 
 
 
 
 
 
 
 
「25」の数字が出た場合は、
フランクミュラー専用の樽で製造された大吟醸。
宮城県産美山錦を100%使用してつくられた
日本酒です。

 
 
 
 
 
 
 
 
「2」または「5」が出た場合は
FRANCK MULLER パティスリーの焼き菓子をプレゼント

 
 
 
 
 
 
いずれも、今年6月にオープンして以来話題の
「GINZA SIX」にあるフランク ミュラーブティック限定のお品。
今回のフェアのためだけに特別にご準備いたしました。

 
 
 
 
 
 
また、カミネ元町店では
ビザン数字をモチーフにした
フランクミュラージュエリーも取り扱っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
古くから人は数字を身に着け「魔除け」としていました。
お守りのようにジュエリーを楽しんでいただくのもおすすめです。
フランク ミュラーフェアに是非お越し下さい。
◆Click ⇒ フランクミュラー25thアニバーサリーフェア
カミネ 元町店
078-327-3363

高出力を持つスーパーカーのような “ブガッティ スーパースポーツ” 最新モデルをご覧ください。


 
 
 
 
 
神の手を持つ」と言われる天才 ミシェル・パルミジャーニが時計修復師としてのキャリアを経た後、自身のブランド、パルミジャーニ・フルリエを立ち上げたのは1996年の事。
 

 
 
 
 
 
現在では5つの工房を通して、全てのパーツを自社で製造するマニュファクチュールへと成長し、名門ブランドにモジュール、ベースムーブメントを供給しています。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
パルミジャーニ・フルリエ社は、2001年からスーパースポーツカーメーカーのブガッティ社とのパートナーシップを開始しました。
それ以降「エンジンを腕に載せる」をコンセプトにパルミジャーニ・フルリエの革新性を体現したブガッティシリーズを作っています。
その中でもこちらの新作ブガッティ スーパースポーツは30本限定のスペシャルモデル。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
こちらがケースを真横から見た所。
シースルーの側面から見えるムーブメントはまさに「エンジン」です。
またこの独特のケース形状はブガッティヴェイロンの流線的なボディを表現すると同時に、フィボナッチ数の黄金比率を用いた涙型。



 
 
 
 
 
 
要は、ミシェル・パルミジャーニの最も好む形で、レギュラーモデルのほとんどのラグは、この形をしています。(トンダクロノなどはプッシュボタンもこの形状ですね)
 

 
 
 
 
 
 
 
 
時刻を読み取る文字盤は涙型の底部にあります。
かなり特殊な形状ですが、このモデルはドライビングウォッチでもあるので、腕に着けた時に文字盤がこちらに向かって立ち上がるようになり、ハンドルを握った状態で高い視認性を発揮します。
そして、この形状を実現するためにムーブメントの地板と輪列機構に対して文字盤の時間表示機能をほぼ垂直に配置するという大変難しい事をやっています。


 
 
 
 
 
 
 
また腕に装着した時に、ケースと同じ形のラグがぐっと下を向いているのがおわかりいただけると思います。
この可動式のラグにより手首への装着感も抜群です。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
ムーブメントにはコート・ド・ジュネーブペルラージュ装飾を施し、パワーリザーブは約10日間。
長時間にわたり高い精度を確保します。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
手巻きのロングパワーリザーブの時計は、どうしても巻上げ回数が多くなり、巻くのが大変な事が多いのですが、ケースの形状と調和しながらも大きめのリューズのため、巻上げも楽にできます。
またリューズは軽く押すだけで、格納された状態から巻上げ/時刻合わせが可能となる独自のシステムを組み込んだダイナモメトリック・リューズが採用されています。
 

 
 
 
 
 
 
フォールディングバックルも、横から見た時にケースやラグと同じ涙型。こだわっています。
またパルミジャーニと言えば、ストラップは当然、エルメス製。
肌触りと着け心地は、やはり最高です。
ラグジュアリースポーツカーのコクピットのような最高の乗り心地をこの時計からは感じ取っていただけます。
 
ブガッティ スーパースポーツ
【ムーブメント】
Cal.PF372 手巻き
パワーリザーブ 10日間
21600振動  部品数333
40石
【ケース】
ケース径:横36.3㎜×縦50.5㎜×最大の厚み23.3㎜
18k ローズゴールド
防水:1気圧
エルメス製アリゲーターストラップ
価格:¥34,884,000(税込)
限定:30本
 
パルミジャーニ・フルリエはカミネ 元町店にて取扱しております。
カミネ 元町店
Tel.078-327-3363
Open.10:30~19:30(無休)