KAMINE 社長ブログ

文字サイズ

2017 ジュネーブSIHHレポート ~Part.2~

ジュネーブSIHH会場で出会った新作。

私が思わず買いたくなった時計たち




 
 
 
 
 
 
 
 
ジャガー・ルクルト
レベルソ トリビュート デュオフェイス

 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずはこれ、ジャガー・ルクルトのレベルソ デュオ
例年、いつもながら出会う、そしていつもながら欲しくなるレベルソの新
同じ品種がここ迄進化したという事は、今年は特に特筆できます!
おなじみのレベルソは何もサプライズ感がある訳ではありませんが、とにかく角型時計としての縦・横の比率、厚み、重量感そしてケース裏の台座にエングレービングされたソレイユ
仕様にスキがありません。
 
デュアルタイム時差修正は、余計なボタンやプッシュホールを排除し、誤作動が起こらないようにケースをスライドさせた時にのみ見える12時側のケースにレバーが設置されています。

 
 
 
 
 
 
 
 
ダイヤルは、両面共 カラーリング 仕上げも素晴らしいものでした。
レベルソは今、8種類のサイズがあるまでに多様化しましたが、私にはこのサイズがベストかな…と。


改良を加えられた台座とラグ部分。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
写真ではよくわかりませんが、台座とラグの部分をよく見るとかすかに腕へのフィット感を考慮したアールがかかっていて、ベルトが下に向く角度になり、腕への巻き付きも快適です。
ケース径:42.9×25.5㎜ K18PG、手巻き
防水:3気圧、価格:¥2,050,000(税抜)、4月発売予定
 
 
ジャガー・ルクルト
レベルソ トリビュートムーン


 
 
 
 
 
 
 
これも同じく・・・。ステンレスで軽いところも魅力。
古典的なレベルソムーンの最新型。
ドフィーヌ針インデックス真円のムーンフェイズカレンダーの組み合わせは、JLのロゴマークをも合わせて一体化したデザインのようです。
ケース径:49.4×29.2㎜ SS、手巻き
防水:3気圧、価格:¥1,350,000(税抜)、4月発売予定
 
 
 
そして、マスター ウルトラスリム ムーン


 
 
 
 
 
 
 
 
 
これまたサプライズ感はありません。
ひたすら、美しく進化したマスタームーン
その完成度はパーフェクトと言えます。
針の形、長さ、仕上げ、インデックスもシャープであらゆる角度の光を受け、視認性を高めます。
少しカレンダーの数字が小さく見にくいか…と思いますが、それがこのスレートグレーダイヤル(文字盤)のスッキリ感を向上させています。
名前の通り、ウルトラスリムのケースに、径は39㎜という大きくなく小さくない、存在感をきっちり出せるサイズ感も魅力です。
少しタイトなスーツや上質のジャケットとスラックスに上品に合わせてみたい…と思わず連想してしまいます。
ケース径:39㎜ K18WG、自動巻
防水:5気圧、価格:¥2,050,000(税抜)、4月発売予定
 
 
 
久々にリリースされたマークニューソンとのコラボ。
ジャガー・ルクルトの 「アトモス 568」


 
 
 
 
 
 
 
かつてない透明感をもつ分厚いバカラクリスタルは、たっぷりの重量感と共に、エクストラホワイトガラスにより極めて透明度が高く、時計全体も気密性に優れます。
手作りによる個体差のあるバカラ社のこの分厚いガラス細工は、加工の難しさを想像させます。

 
 
 
 
 
 
 
 
個人的に、私は昔からインテリアには大変興味があり、ゆったり振子が動き、ゆるやかに運針をするルクルトのこのアトモスが大好きです。
近代的なブルーの針とインデックスが新鮮でアーティスティック。
いつか手に入れたいと秘かな願望を持ってしまいます。
どんなシンプルな部屋、インテリアでも、これ一台で雰囲気やイメージはグーンと変化します。
1本(1台)の時計が雰囲気を大きく変えるという意味では、腕時計も同じことが言えますが…
アトモス568 BY マークニューソン
サイズ:265×230×147㎜、ムーンフェイズ付き
価格:¥2,900,000(税抜)
 
 
 
オーデマ・ピゲ
ロイヤルオーク クロノグラフ


 
 
 
 
 
 
 
ロイヤルオーク クロノグラフは、今年 発表20周年を迎えました。
それを記念して、ダイヤルをリニューアル。
8種類のモデルが発表されました。
その中でも、この通称「パンダ」と呼ばれる白に黒のインダイヤルのモデルは、
ロイヤルオークにこれ迄ありそうでなかったのです。
 
特に文字盤周囲を黒く色づけして引き締めたフェイスにし、積算計の両サイド2カウンターのみを大きくし、カレンダー位置も適正な位置に移され、整ったダイヤルバランスになりました。

 
 
 
 
 
 
 
 
スポーティながら高級感を漂わせたこのモデル。
内容のわりに価格も魅力的です。
ケース径:41㎜ SS、自動巻
防水:5気圧、価格:¥2,400,000(税抜)、6月発売予定
 
 
SIHH会場から外れて、レマン湖に浮かぶヨットで開催されたLVMHグループタグ・ホイヤーゼニスの新作発表会。




 
 
 
 
今年から新しくCEOとなり、いよいよ本格的に「ゼニス」に介入することになったJ.C.ビバーさん
ボートの中でバッタリ遭遇。
ビバー氏いわく、新しいゼニスのプロダクトのキーワードは、ダウンサイジング・・・とか
 
続きは、後日Part.3で。
 


 
 
 
 


 
 
 


 
 
 




 
 
 
 

2017 ジュネーブSIHHレポート ~Part.1~

 
2017年 ジュネーブ SIHH開幕!

 
 
 
 
 
 
 
 

昨年に引続き、多数の来場者ながら今年も落ち着いた雰囲気でスタート。

 


 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

最終日には一般ゲストも入場できるようになりました。(バーゼルフェア同様、商談室へは取引会社以外は入れませんが)

 

昨今の情勢から、警備は年毎に厳重になっています。

 


 
 
 
 
 
 
 
 

そんなHOTな会場と裏腹に、外は極寒…私の感想では今回は過去最高の寒さ。夜はマイナス10℃を軽く超え、朝から晩までとにかく寒い。

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
凍りつくレマン湖周辺。

いつもはモンブランが臨め、ほのぼのとした印象の一帯が、一転氷の世界に。



 
 
 
 
 
 

HOTな会場と氷点下の市街とのギャップ。まことにタフな会期中でした…

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 

SIHH会場では、今年も数々の新作が発表されましたがベーシックでお求めやすく、かつ日本人向けのダウンサイジングされたものが目立ちました。

 

そんな中、特に目についた話題の大物をまずはご紹介。

 



 
 
 
 
 
 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
毎年会場で異彩を放つ、リシャール ミルのブース訪問は真っ先に!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
出ました。

今年のコラボ、話題の「マクラーレン」!

軽量と強靭なケースとストラップの構造に加え 中身のムーブメントを詳細に紐解くと超絶、、やはりエクストリーム!でした

 

 

 


 
 
 
 
 
 
 
 
次にロジェデュブイのエクスカリバー スパイダー

これも進化を遂げた、最近のエクスカリバー系の傑作。40g台の軽さと軽いハニカムのネットのような地板がスケルトンをよりセクシーに演出。

 

この他にも多数のバリエーションを発表したロジェは、今年はますます目が離せません。

 



 
 
 
 
 
 
 
 

A.ランゲ&ゾーネのツァイトベルク デジマルストライク

 

これはマニア向けと言える(?)凄いシロモノ。加工の難しいハニーカラーゴールドのケース、瞬転表示式ツァイトベルクの機構はおなじみ。

 

特徴は、十進法のソヌリを追加したこと。

10分ごとに美しい音色を響かせ、正時には異なる音質を奏でます。

 


 
 
 
 
 
 
 
 

A.ランゲ&ゾーネ社は、昨年新工場を竣工し最新の設備に伴って、スタッフやエンジニアも増員されたベストな製造環境。

 

しかしながら生産個数は減産、、つまり一台あたりにかける時間と手間が格段に増したということです。

 

そんなランゲのクラフツマンシップは「渾身の時計づくり」といえます。

 



 
 
 
 
 

 

 

パネライ PAM700ラボ 50本限定(予価6万ユーロ)


”50年間オーバーホール不要”

そんなコンセプトの意欲作。素材はセラミックと特殊コーティングされたオイルフリームーブメント。

 



 
 
 
 
 

パネライカラーのブルーをインデックスに採用した珍しいミステリアスな風貌。

 

実に魅力的です。

これ以外にもブロンゾ、42mmのサブマーシブルなど多数新作が発表されました。

 

パネライコレクションは今年も必見ですよ。

 


 
 
 
 
 

新作の数々は追ってカミネHPでご紹介いたします。

 

 

次回”Part.2″

私が思わず買いたくなった時計をご紹介。(独断、ひとりよがり、と思って下さい。)

 

~Part.2へつづく!~