KAMINEスタッフブログ

夏のパネライ サブマーシブル

家の向かいに生えている桜の木にたくさんのセミがとまり、
毎朝セミの鳴き声で目を覚まします。
猛暑日を記録する日も出ているので熱中症等にはお気をつけくださいませ。

PAM01068

今回は夏らしい爽やかな装いの時計を。

パネライ新作 サブマーシブル ブルーノッテです!
鮮やかなブルーのベゼル、サンブラッシュ仕上げのツヤのある文字盤が
遠くからでも目を惹きます。

光の加減で文字盤の表情は変わります

ホワイトのインデックスは立体感もあり、高級感を演出しています。
ブルーとホワイトのコントラストが海、空、雲を連想させます。

勿論、防水性も300mを誇っており
ダイバーズウォッチとしての役割も果たします。

独特な形をしたブレスは・・・

この新作は、サブマーシブルでは初のブレス仕様。

パネライと言えば一般的に
革のストラップが付いている物を想像するかもしれません。

しかし、仕上げやその形状は他ブランドのブレスとは
また違った魅力に溢れています。

半円のコマが特徴的なこのブレスは1999年に
デザイナーのジャンピエロ・ボディーノ氏がデザインしたのが始まりです。
この半円の形状はルミノールのリューズガードから着想を得ているそうで、
珍しいデザインながらもパネライの時計とかなりマッチしていますね。

その後モデルチェンジ等で半円型ブレスではなくなった年もあったのですが、
2017年再び半円型ブレスが採用され現在に至ります。
1999年の物と比べ軽量化がされ更に着用感がアップしています。

汗ばむ夏は革ストラップへのダメージも進みやすい季節。
爽やかなデザインでブレスタイプのサブマーシブルは
にピッタリかもしれません。

ケース径:42㎜
ケース素材:サテンスティール
防水:300m
パワーリザーブ:3日間
¥1,320,000-(税込)

カミネ元町店
〒650-0021
神戸市中央区三宮町3丁目1-8
TEL:078-327-3363



記事カテゴリー

COLUMNコラム

篠田哲生

最高峰の時計ブランド「パテック フィリップ」の魅力とは何だろうか?
数々の仕事を通じてこのブランドに出会い、魅了され、遂にはユーザーとなったライター、ウォッチディレクターの篠田哲生氏が、自身の目と経験から感じた、"パテック フィリップのこと"について語る。

連載コラム一覧

<< 前の記事
フランクミュラー95年の傑作
UPDATE: 2021.07.17
次の記事 >>
ベスト サマーウォッチ『カサノヴァビーチ』
UPDATE: 2021.08.06