KAMINEスタッフブログ

腕時計最古の歴史を持つヴァシュロン・コンスタンタンの世界観を感じてください

世界最古の時計マニュファクチュールであるヴァシュロン・コンスタンタンの歴史は遡ること267年前に始まりました。

完璧なラウンドシェイプと美しいプロポーションが魅力的な「パトリモニー」や
厳しい基準と豊かな歴史を礎とする「トラディショナル」、
卓越性と美への情熱を持つレディースライン「エジェリー」等、
それぞれの時代に合った時計を製作できるというのも、長い歴史とノウハウを誇るヴァシュロン・コンスタンタンだからできること。
豊富なモデルラインナップと卓越された職人技を是非お楽しみください。

本日、そんなヴァシュロン・コンスタンタンからご紹介するモデルは

フィフティーシックス デイ/デイトと

オーヴァーシーズ・クォーツです。

フィフティーシックスは2018年に誕生した比較的新しいモデル。
1956年に誕生した「リファレンス 6073」というモデルから着想を得ています。
上の写真の右にある時計がそのリファレンス6073です。
大きな特徴はラグがブランドのシンボルマーク マルタ十字をかたどっていることです。現在のフィフティーシックスのラグにもその流れは汲まれています。
技術面でも、56年当時のヴァシュロン・コンスタンタン初の自動巻きムーブメント、防水ケースを採用するというリスペクトが込められています。

ピンクゴールドのフィフティーシックス デイ/デイトはエレガント且つ
曜日日付パワーリザーブ残量を教えてくれる等、実用性にも富んでいます。
ゴールド素材なので価格が張ってしまいますが、価格以上の満足感があるのがこの時計です。

こちらのオーヴァーシーズ・クォーツはケース径が33㎜で
マルタ十字を模したベゼルにはダイヤモンドが配されたモデルです。

ピンクゴールドのモデルは、ホワイトのアリゲーターストラップと
ラバーストラップが付属します。

またインターチェンジャブルシステムを採用しているため、
ストラップの付け外しをご自身で容易に行うことができます。

そんな、豊な歴史と確かな技術を持つヴァシュロン・コンスタンタンは
カミネ旧居留地店にて取り扱いをしております。

また旧居留地店は今年の3月にリニューアルオープンを致しました。
以前よりも大きくなったヴァシュロンコーナー売り場面積と
追及された世界観を楽しむことができます!

さらに先日、シャンデリアが設置され遂に本当の完成を迎えることができました。

シャンデリアが設置されたことにより、ヴァシュロン・コンスタンタンの
世界観がしっかりと再現されているように思います。

幾何学的デザインのインテリアに関してもヴァシュロンらしさが出ていますね。

美術館の1か所を切り取ったような美しい商談スペースで
是非、ヴァシュロンの時計をご覧くださいませ。

カミネ旧居留地店
〒650-0036
神戸市中央区播磨町49旧居留地平和ビル1F
TEL:078-325-0088

カミネ公式Instagram

カミネ公式Instagram稼働中!
新作情報やオススメモデル、イベント情報等を発信しております!
是非こちらのアカウントもフォローお願い致します!


記事カテゴリー

COLUMNコラム

篠田哲生

最高峰の時計ブランド「パテック フィリップ」の魅力とは何だろうか?
数々の仕事を通じてこのブランドに出会い、魅了され、遂にはユーザーとなったライター、ウォッチディレクターの篠田哲生氏が、自身の目と経験から感じた、"パテック フィリップのこと"について語る。

連載コラム一覧

<< 前の記事
元町店23年の歴史
UPDATE: 2022.06.07
次の記事 >>
男のロマン!クロノグラフ
UPDATE: 2022.06.29