KAMINEスタッフブログ

ウブロ2020年新作 マジックゴールド!

現在ウブロだけが開発できる世界で唯一の18金『マジックゴールド』
従来の18金の数倍の硬さを持ち、退色しないゴールド素材として注目されています。

通常の18金ゴールドは他の素材と混ぜて溶解して作られるのですが
マジックゴールドはセラミックスで鋳型を作り、そこに合金化した金を流し
高温・高圧にて成型されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

マジックゴールドの元となるゴールド合金。
3%の合金元素を混ぜて真空溶解炉にてインゴットが作られる。
18金ゴールドで通常使われる割りがねの銀や銅が全く使われていないので
理論上退色もせず、錆も発生しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後セラミックの窯で再溶解。
1000℃・200気圧で組成を変え、マジックゴールドが生成されます。

硬さを表すビッカーズ硬度で通常ステンレスがおよそ200
18金ゴールドで140程といわれていますが、マジックゴールドは約1000。
ほぼキズがつかないゴールドといわれる硬度を持っています。

過去限定で発表されたマジックゴールドモデルは全て完売。
今年は人気のビッグバン・ウニコ42ミリでマジックゴールドモデルがリリースされ
早くも店頭入荷致しました!

 

 

 

 

 

 

ビッグバン・ウニコ フルマジックゴールド
441.MX.1138.RX
ケース径:42ミリ 18Kマジックゴールド
防水:10気圧
世界限定200本
¥4,037,000-(込)

独特の色合いのマジックゴールド。
画像では表現しきれませんが、光が当たると微妙に虹色っぽく煌めき
見たことのない素材感を感じることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

過去マジックゴールドを購入頂いたお客様の声も本当にキズがつかなく、購入した時のまま美しく
通常のゴールド程派手さもないので付けやすいとの声を頂いています!!

素材生成の状況から量産が難しく、こちらも世界限定200本。
次回入荷予定はありませんので、是非お早めにお問い合わせ下さい!

 

カミネ 旧居留地店
078-325-0088

記事カテゴリー

COLUMNコラム

篠田哲生

最高峰の時計ブランド「パテック フィリップ」の魅力とは何だろうか?
数々の仕事を通じてこのブランドに出会い、魅了され、遂にはユーザーとなったライター、ウォッチディレクターの篠田哲生氏が、自身の目と経験から感じた、"パテック フィリップのこと"について語る。

連載コラム一覧

<< 前の記事
IWCフェア開催中! ブログリレー② 保証期間延長について
UPDATE: 2020.07.03
次の記事 >>
IWCフェア開催中! ブログリレー③ シンプルさだけが売りじゃない
UPDATE: 2020.07.04