Patek Philippe Floorブログ

優美でエレガント パテック フィリップのレディースモデル 4972G-001 ゴンドーロ・セラータ

このモデルは2006年よりコレクションにラインナップされ
2021年に生産を終了しています。
「ゴンドーロ」は丸型以外のモデルのシリーズ名で「セラータ」はサブネーム

この時期に発表されたモデルにはなぜかこのように品番以外にも
名称がついたものが多く、
横長のレディースゴンドーロには「ジェンマ」
アクアノートのレディースモデルには「ルーチェ」
という呼び名がついていました。

またメンズですが台形型のゴンドーロは「トラぺーズ」と呼ばれました。

おそらく、当時本社でちょっとした名前付けブームが
起こっていたのだと思います。

他にも世間ではヴィンテージで有名なフレアードケースを「エッフェル」と言ったり下のRef.5100を「マンタレイ」と呼んだりもしました。

話をゴンドーロ・セラータに戻しますと、
このモデルの最大の特徴はやはりこの
独特のケース形状であると言えるでしょう。

時計のケース形状の名称的には「フレアード型」
と呼ぶのが最も妥当と思われます。

コカ・コーラのボトルやエレキギターを想起とさせる
優美な曲線を描く3次元ボディーラインは大変難しく、
手が込んだ造りをしています。

ケース前面とサイドの切り替えし部分には
130個(約1.80カラット)のダイヤがセッティングされ、

文字盤の素材はマザーオブパールで、
中心から放射状に広がるギョシェ装飾が施されています。

ホワイトゴールド
3気圧防水
クォーツ・ムーブメント
ケースの形状にぴったり沿ったサテンストラップ

カミネ トアロード店2F パテック フィリップ・フロアでお待ちしております。https://www.kamine.co.jp/watch/patek-philippe/

≪SHOP INFO≫
カミネトアロード店2F パテック フィリップ・フロア
»»» https://www.kamine.co.jp/shop/torroad2/
TEL:078-321-0039
営業時間10:30~19:30

記事カテゴリー

COLUMNコラム

篠田哲生

最高峰の時計ブランド「パテック フィリップ」の魅力とは何だろうか?
数々の仕事を通じてこのブランドに出会い、魅了され、遂にはユーザーとなったライター、ウォッチディレクターの篠田哲生氏が、自身の目と経験から感じた、"パテック フィリップのこと"について語る。

連載コラム一覧

<< 前の記事
新鮮なのにどこか懐かしい文字盤 5326G-001
UPDATE: 2022.05.17