NAOYA HIDA&Co.NH TYPE3B
NH TYPE3B

¥ 2,860,000(税込)

生産本数:2022年~2023年に15本を生産予定
洋銀製文字盤、手彫りのローマンインデックス
文字盤外周の分目盛りは別部品で製造
6時位置に月齢表示機能を搭載
18KYG ムーンフェイズ ディスク上の星と顔は手彫り仕上げ
手巻きムーブメントCal.3021LU
28,800/h、45時間のパワーリザーブ
切削で製造された第3世代の904Lステンレススチールケース、ねじ込み式ケースバック
5気圧防水
直径37mm、ラグからラグまで44mm、厚さ10.8mm

ムーブメント:Cal. 3021LU 手巻きムーブメント
直径:30.0mm 13 1/4ライン
厚さ:5.6mm
振動数:28,800/h 毎秒 8振動 /4Hz
石数:18石
パワーリザーブ:約 45時間
ムーンフェイズ表示:59日間で一周、リューズを 1段引き出した位置で調整

外装:
ケース素材:ステンレス ・ スチール( SUS904L)
ケース直径:37.0mm
ケース厚:10.7mm
風防:カーブド ・ サファイヤ ・ クリスタル (裏側のみ無反射加工)
ケースバック:スクリューケースバック

NH TYPE3Bは37mmという比較的小ぶりなサイズのケースに、18-19世紀の懐中時計を彷彿とさせるディテールを凝縮することを目標として製作された。大型の6時位置のムーンフェイズは18Kイエローゴールド製である。大きくくりぬかれた窓から見える星や月の上の顔、そして11個のローマン・インデックスは全て熟練した職人の手作業による手彫りによって表現されている。現代においては、ほとんど見ることのないこうしたディテールは、新たに設計されたやや厚めのベゼルを持つ丸みのあるケースに収められている。前作NH TYPE3Aとの最大の違いは、ケースのデザインが変更され、ケースバックがスクリューバック方式に変更されたことにある。

NH TYPE 3Aと比較して、以下の点が変更されている:
・ケースバックがスナップバックから、スクリューケースバックに変更された
・ラグの側面形状が変更された
・手彫りで表現されている月の顔はNH TYPE3Aのそれとはわずかに異なったデザインに変更される(写真はプロトタイプのため対応していない)

下記の特徴は変わらず継承されている:
・6時位置に大型のムーンフェイズ表示機構が組み込まれている。
・ムーンフェイズのディスクは18Kイエローゴールド製、星と月の表面の顔は全て熟練した職人による手彫り。
・1930年から1960年代のヴィンテージ・コンプリケーション・ウォッチをイメージした、丸みを帯びた新設計のデザインのベゼルを備えている。
・ケース径37mmという現代的なサイズ及び実用性を備えている。(※一般的にヴィンテージ・ウォッチには35mm以下のサイズが多くみられる。)
・世界最高峰レベルの超高精度微細加工機を用いることにより、加工困難な素材を数ミクロンの精度で、かつステップ形状のベゼルや、彫り込まれたロゴなど複雑な形状かつ立体的に工作することに成功。
・大半の時計は長短針や秒針をプレスによって加工しているが、立体感を出すため、切削加工によって製作された針は、一般的なものに比べ約2倍以上の厚さを持つ。
・一般的な時計に比べて3倍近い厚さを持つ文字盤は、立体的にデザインされている。
・ベース・ムーブメントであるETAヴァルジュー7751に備わっているものとは異なる、新たに開発した後退式のコハゼ機構を組み込むことで、巻き上げる感触を楽しむことのできる手巻きムーブメントCal.3021LUを搭載。これは2019年に発表したCal.3019SSの発展型である。
・文字盤上の11カ所のローマン・インデックスは全て熟練した職人による手彫りによる。その後合成漆(カシュー)を流し込むことで独特の仕上がりとなっている。
・高い耐食性を持つが高価かつ加工が困難なため、極めて限られたメーカーのみが採用していることで知られているSUS904Lステンレス・スチールを採用。

ナオヤ ヒダ&コー正規取扱店

カミネ旧居留地店

078-325-0088

kyukyoryuchi@kamine.co.jp

〒650-0036 神戸市中央区播磨町49 旧居留地平和ビル1F
営業時間:10:30~19:30(無休)

アクセスマップ

駐車場マップ

CHECKED ITEM最近チェックした商品