JAEGER-LECOULTREポラリス・パーペチュアルカレンダー
Q9088180

¥ 4,224,000(税込)

ケース:ステンレススチール
サイズ:直径42mm、厚さ 11.97mm
ムーブメント: 機械式自動巻ジャガー・ルクルト製キャリバー868AA
振動数:28,800振動
機能: 時、分、秒、南北両半球のムーンフェイズを備えた永久カレンダー、レッドのセキュリティーゾーン、回転式インナーベゼル
パワーリザーブ:70時間
ダイヤル: グラデーション ブルーラッカー仕上げ
防水性:100m
イージーチェンジャブルシステムのステンレススチールブレスレットおよびラバーストラップ

2022年、ジャガー・ルクルトは初めてポラリス シリーズに永久カレンダーを取り入れ、高級時計製造で最も複雑で便利で貴重なコンプリケーションの1つによって、さらにコレクションを充実させます。スポーティーでエレガントなスタイルを際立たせるグラデーションになったディープブルーの ラッカー仕上げのダイヤルを備えたポラリス・パーペチュアルカレンダーは、ポラリス・マリナー・メモボックスのデザイン要素を取り入れています。新しく開発された自社製ムーブメントである ジャガー・ルクルト キャリバー 868AAは、ポラリス シリーズのシグネチャーである回転式インナーベゼルに加えて、永久カレンダー表示と両半球のムーンフェイズ表示および70時間に延長されたパワーリザーブを備えています。

時の例外 – そして新しい永久カレンダー キャリバー
閏年と月の日数が異なるカレンダーが複雑な理由は、常用時の測定方法とそれらの測定の基礎となる天文現象との間に差異があるためです。
その結果、時計職人にとって、永久カレンダーは習得するのが最も難しい複雑機構の1つとなっています。 これは、さまざまな月の日数や閏年に合わせて自動的に調整する必要がある小型の機械式計算機だからです。31日がない月末に調整する必要がある単純な日付表示とは異なり、永久カレンダーは2100年まで手動で修正する必要はなく、その後は閏年ではない100年ごとの年のみ修正します。

古代文明では、太陽が空の同じ位置に戻り、季節が完全に1周するのにかかる時間を1年と定義していました。この太陽(または「回帰」)年は約365.2425日であり、これをベースに最初の暦が作成されました。しかしながら、365日の暦年は太陽年よりもおよそ6時間短くなってしまいます。紀元前46年にユリウス・カエサルによって導入されたユリウス暦では、4年ごとに2月に1日を追加することでこれを補正しました。しかし、これでは必要以上に補正し過ぎてしまうため、1582年に教皇グレゴリウス13世は一部の閏年を廃止しました。現在も使用されているグレゴリオ暦によると、年を4で割り切れる場合は閏年ですが、100で割ることもできる場合は閏年ではありません(たとえば1900年、2100年)。 ただし、それらの100年ごとの年の内、400で割ることができれば閏年(2000年、2400年)になります。

19世紀の終わりに、ルクルト社は最初の永久カレンダーを備えた懐中時計を開発しました。小型時計用のこのような複雑な機構を製作することはとても難しかったため、1937年にジャガー・ルクルトが最初の永久カレンダーを備えた腕時計を発表した当時も、このコンプリケーションは極めて貴重なものでした。それ以来、マニュファクチュールの時計職人たちは、これらの非凡な機構の精度と品質を常に向上させてきました。

ポラリス・パーペチュアルカレンダー用に開発された新しいジャガー・ルクルト キャリバー868AAは、2013年に初登場し、高い評価を得ている自社製永久カレンダー ムーブメントから進化したものです。これは、マニュファクチュールの最新の技術革新によってアップグレードされ、大幅な変更が加えられています。従来の北半球のムーンフェイズ表示に加えて南半球のムーンフェイズのレトログラード表示が付属し、パワーリザーブも70時間に増加しました。カレンダー表示に加えて、ポラリスのシグネチャーである回転式インナーベゼルが、経過時間を測定する実用的な機能を提供します。

重厚感のある表示
グラデーションになったディープブルーのラッカー仕上げが施されたポラリス・パーペチュアルカレンダーのダイヤルは、ポラリス・マリナー・メモボックスのデザイン要素を取り入れています。グラデーションブルーは、昼から夜への移行を表現しており、天文現象と時間測定の関係をさりげなく想起させます。

調和と読み取りやすさに重点を置いたカレンダー表示は、3つのサブダイヤルで示されます。日付、月、日の表示はそれぞれ9時、12時、3時位置にあり、年は月表示内に示されます。これは、暦が天文現象に端を発していることを思い起こさせます。ムーンフェイズは6時位置に表示されていますが、これは従来の北半球のものではなく、南半球のレトログラード表示となっています。4つのサブダイヤルはそれぞれわずかに凹んでおり、さまざまな質感で仕上げられているため、光を捉えて重厚感が生まれます。

ダイヤルの中央にある小さなセキュリティーゾーン表示は、午後8時から午前4時の間は赤く表示され、時刻やカレンダーの表示を調整しないように警告を発します。スケルトン加工された針は表示の視認性を高めており、現代のポラリスのデザインコードに合わせて、大胆な台形のインデックスがカレンダー表示の複雑で繊細なディテールと調和を取っています。針とインデックスに施された夜光塗料のコーティングは、光がどのような状態であっても読み取りやすさを向上させるものであり、スポーツウォッチには欠かせない特性です。

ステンレススチール製またはピンクゴールド製の42mmケースには、すっきりとした直線、卓越したベゼル、サファイアクリスタルガラス、サテン仕上げとポリッシュ仕上げの人目を引く組合せといったポラリスの主なデザインコードが採用されています。透明のサファイアクリスタルのケースバックとオープンワークのピンクゴールド製巻き上げローターからは、ムーブメントに施された繊細な仕上げを眺めることができます。

日常生活用に設計されたポラリス・パーペチュアルカレンダーにとって重要なのは、操作と調整が簡単なことです。リューズにはどちらにもポラリスのシグネチャーが入っており、上側のリューズはインナーベゼルを回転させ、下側のリューズは時刻を設定し、時計を巻き上げます。カレンダー設定は、プッシュボタンを押して調整します。

ラグ間のストラップ取付部分に組み込まれたプッシュボタンを押すだけで操作できる、新開発の交換可能なストラップシステムによって、ポラリス・パーペチュアルカレンダーはさまざまな冒険に適応することができます。そのスポーティな個性を生かして、ステンレススチール製モデルには3リンクのステンレススチール製ブレスレットとテクスチャードラバーストラップの両方が付属しています。また、ピンクゴールド製モデルのエレガンスはブルーラバーストラップによって引き立てられており、よりフォーマルな見た目はフォールディングバックルが付属したアリゲーターストラップによって演出されています。パーソナライズのオプションに加えて、さまざまなカラーのカーフストラップをお選びいただけます。

伝統と現代性を融合させるというメゾンを導く理念に忠実に、ジャガー・ルクルト ポラリス・パーペチュアルカレンダーは、現代のスポーツエレガンスの世界に高級時計製造の偉大なるコンプリケーションの1つを投入します。

ジャガー・ルクルト正規取扱店

カミネ旧居留地店

078-325-0088

kyukyoryuchi@kamine.co.jp

〒650-0036 神戸市中央区播磨町49 旧居留地平和ビル1F
営業時間:10:30~19:30(無休)

アクセスマップ

駐車場マップ