KAMINEスタッフブログ

IWCフェア開催中! ブログリレー⑧  「IWCの時計はなぜ大きい?」

IWCブログリレーにて色々とご紹介させていただく中で、ここで小休止。

 

IWCの時計はどこで作られているのでしょうか?

IWCが生み出されるのはスイス時計界と少し離れた
ドイツ国境のシャフハウゼン。
スイス主要河川のひとつ ライン川のほど近くです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、シャフハウゼンの本社社屋にはミュージアムがあります。
モダンで機能的な環境に飾られる歴代タイムピースを見られるようで
いつか行ってみたい場所です!

IWCを創業したのは米国人時計師。
伝統は、アメリカ特有の開拓者精神と起業家精神に深く根ざしています。

”ドイツ国境の近くで、米国人が創業した”
そんなワードを並べて聞くと、なんとなく
大ぶりなケースが多いことも納得できるような、、、

米国人時計師、ジョーンズは、スイスが誇る優秀な時計師の技と
近隣にあるライン川の水力発電を利用してムーブメントの製作を始めたのです。

このような経緯をお話しすると、男性のお客様はさらに
興味を深めて下さることも多いです。

 

 

カミネ 元町店では、引き続き7/31までIWCフェアを開催中。
最新作を是非、店頭でご覧ください。

IWCフェアの詳細はこちら >> Click

※7/24・25は店外催事のため休業させていただきます

カミネ 元町店
078-327-3363 10:30~19:30

<< 前の記事
IWCフェア開催中! ブログリレー⑦ 航空計器としての時計
UPDATE: 2020.07.15
次の記事 >>
カーボンの型押しを施したラバーストラップ!
UPDATE: 2020.07.18