ROMAIN GAUTHIER カミネ 旧居留地店にて取扱い開始

ROMAIN GAUTHIER カミネ 旧居留地店にて取扱い開始

真のマニュファクチュールと呼べる時計ブランド『ローマン・ゴティエ』をカミネ 旧居留地店にて取扱い開始。

  • 独立時計師の最高峰『フィリップ・デュフォー』氏が大きく寄与した時計師『ローマン・ゴティエ』氏。

  • 彼は2005年にスイス時計産業の中心地ジュー渓谷にあるル・サンティエの町で、自らの名でブランドを立ち上げ、2013年には腕時計のオスカー賞とも呼ばれる「ジュネーブ時計グランプリ(GPHG)で『ロジカル・ワン』が最優秀賞を受賞、ブランド名を一歩前進させました。現在では、年間生産本数は50本にも満たないと言われていますが、世界各国の時計業界関係者をはじめ時計愛好家から熱く注目を浴びています。

  • ロジカル・ワンは、古典的な機能を最新の設計を実現的にさせた画期的なモデルです。ローマン・ゴティエ氏の原点に『時計の基本は、正確さと安定した力』があります。その原点を具現化させたのが、摩耗が少ないルビーのチェーンリンクを備えたフュゼチェーンスタイルのコンスタントフォース機構です。

  • 他メーカーでは約8センチくらいのチェーンを円錐式になっているため、力に若干のばらつきが出ますが、ローマン・ゴティエの場合は、長さ約3センチで短く一連になっているため金属摩耗を最小限にとどめられます。チェーンは時の経過と共にメンテナンスが必要となった場合、交換するのではなく修理ができるような設計になっています。これは、フィリップ・デュフォー氏が啓蒙する『何代かに渡っても使える時計』に沿うところだと思います。また軸受けは特注品で通常の1.5倍のサイズを使用することでさらに安定感を増しています。

  • ムーブメントの素材は、真鍮、K18ゴールド、チタン、はがねなどをモデルの適正により、部分部分で使い分けられています。もちろん、それらの素材は金属の特長が異なるため、すべて全く異なる加工方法で作り上げられています。

  • 他メーカーではないユニークな『人間工学に基づくプッシュボタンによる巻き上げ』機構は、ローマン・ゴティエの革新的な発想のおかげでロジカル・ワンの巻き上げは簡単で楽しい作業となっています。従来のリュウズは比較的小さく、細い軸をもち、リュウズと香箱の間で動力を90度の角度で伝えなければなりませんが動力を同じ平面上で香箱に伝えるため負担が大幅に軽減されています。この機構は人間工学的に美しいデザインであり、優れた工学的理論に基づいていると言えます。

  • 機械工学を学んだローマン・ゴティエ氏は、動力レベルが変動する状態で精密機械を作動させることに疑念を抱き、動力(トルク)を一定に保つムーブメントの開発に取り組みました。試行錯誤の末たどり着いたのが独自の設計理論に基づくコンスタントフォースムーブメントでした。オフセンターの文字盤によって時計の左に配されたフュゼチェーンの造作の美しさと、ロジカルな動きが見て取れます。独創的で徹底的な手仕上げが施されたテンプやブリッジ、人間工学的デザインに基づくプッシュボタン式巻き上げ機構など、最先端の工学理論と伝統的手仕上げが共存する逸品です。

  • また時計ブランドとしてだけではなく、有名高級時計ブランド数社にも部品を製造・供給しています。これは経営学を学んで創業した彼ならではの特長です。私共は、現代の最新設計技術を持ち入れながら、時間を惜しむことなく徹底した古典的な手作業で仕上げる独特の世界を展開するローマン・ゴティエを皆様にご紹介してまいります。

ROMAIN GAUTHIER STORY

  • 1975年 スイス・ジュー渓谷ル・サンティエ生まれ
    2000年 ローザンヌ・ビジネススクールに入学
    2002年 MBA(経営学修士)を取得
    2005年 最初の腕時計『プレステージHM』を発表と同時にブランドを立ち上げる
    2010年 『プレステージHMS』と『プレステージHM TEN』を発表
    2011年 シャネルが資本参加、パーツなどの提供がスタート
    2013年 『ロジカル・ワン』を発表、GPHG受賞

MOVIE “LOGICAL One”THE EVOLUTION OF TRADITION”

カミネ 旧居留地店
営業時間:10:30~19:30(無休)
電話番号:078-325-0088
kyukyoryuchi@kamine.co.jp
アクセスマップはこちら

カミネ 公式Facebook
カミネ ブログはこちら

※各店にてお買い上げのお客様に提携駐車場サービスチケットをお渡しいたします。

ローマン・ゴティエ お勧めモデル